ホーム | 宇野亞喜良 x 山本タカト『天守物語』 > 書籍#book 13 宇野亞喜良x山本タカト『天守物語』【普及版】(Wサイン本)
商品詳細

#book 13 宇野亞喜良x山本タカト『天守物語』【普及版】(Wサイン本)

販売価格: 3,500円 (税別)
数量:
前作『草迷宮 特装版』は第 49 回造本装幀コンクールにて日本書籍出版協会理事長賞を受賞し、
世界で最も美しい本コンクール、Best Book Design from all over the Worldに日本代表として出品され、
ライプチヒ・ブックフェアにて展示。
それに続いて誕生した今作は、宇野亞喜良と山本タカトによる全く新しい現代の鏡花本『天守物語』。
成立100年を迎える2017年(平成29年)に向けて、今秋刊行!
斯界の頂点を極める二大絵師の夢の競演が、ついに実現!

今回出版の『天守物語』には日本語本編のほか英語対訳を併録。
日本の近現代幻想文学の開拓者であり、演劇、映画、漫画、小説と今なお多大な影響を及ぼし続けている鏡花文学の素晴らしさを、世界に向けて発信します。

白鷺城天守に住まう美貌の妖怪富姫と若き鷹匠図書之助との数奇な恋物語を描く鏡花幻想戯曲の最高傑作!
ユニークな試みとして英語編は妖艶にして不覊奔放な宇野亞喜良が、日本語編は幽艶にして丹誠華麗な山本タカトがそれぞれ個性的な挿絵を描き下ろし(本画および下絵を収録)、鏡花世界を舞台にイマジネーションの競演を繰り広げ、かつてない「天守物語」をお楽しみいただきます。
100年の時を経て、大正幻想戯曲の銘作が、審美と幻想を極める二大人気画家の競演で現代に甦る!!!

普及版『天守物語』(Wサイン本)
作 泉鏡花/画 宇野亞喜良・山本タカト
解説 穴倉玉日(泉鏡花記念館学芸員)
〈仕様〉A5判、本文256頁(和英バイリンガル)、上製かがり丸背、しおり1本、カバー装、図版:本画37葉、下絵46葉

facebookコメント

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス